コラーゲン鍋が流行っていますね!

カードキャッシングをすることになると、月次指定の日に口座から自動の手続きで弁済がなされていくようになっています。ラジオ等のCMなどで自動現金処理機で時を構わず弁済が出来るということに言及されているのですがそれというのは自動支払というものとは別口で引き落しする事例のことを言っているのです。こんな支払を繰り上げ支払などと言って残高全部についてを弁済ものを総額前倒し支払い一部金を支払する引き落しを一部金繰り上げ返済と呼称します。つまり一時的所得等で現金に経済的余裕が存する折はATMなどや銀行振込により一部金ないし全額に関してを弁済することができるわけです。さらにこのようなこと以外に繰上支払には利点というものが多くあって難点というようなものはありません。これの利益とは、別途により支払する事によって元金自体に関して低減するというようなことをできますので支払い回数というのが少なくなり利息というものも節減でき支払全額そのものを切り詰めることが可能ですので、一挙両得な返済方法ということなのです。ただし意見したいことは、どんなときに繰り上げ弁済するかということです。金融機関には引き落し期日とは別に締め日がといったものがあります。例えば月の真ん中が締めで来月10日の支払だったとしますと、15日以降については次の月分の金利を合計した支払金額に確定してしまったりするのです。どういう事かと言うと15日以後繰上支払いしたという場合でも来月分の引き落し額というのは確定してますのでそのようなスパンで繰上支払いしても次の月分の弁済額に対しては何も反映しないのです。繰上返済といったものが即座に効果を与するようにするには、支払期限の翌日から次の締めの到来までの期間に前倒し支払してしまう必要があります。ただし斯うした時の金利の差引ははなはだわずかです。それ位は頓着しない場合にはいつでも随意に前倒し返済してもいいと思います。しかしわずかでも小さくしようと考える方は、引き落し日から〆め日までの間に前倒し支払いした方がよいと思います。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 コラーゲン鍋が流行っていますね! All Rights Reserved.