コラーゲン鍋が流行っていますね!

融資を受けたケースは、返済をする時には利率を乗せた返済になるのは知っているはずです。ローン会社は利益をターゲットにした企業なのですから当然です。とは言ってもお金を返す方は、ちょっとでも少なく払いたいと考えるのが内心でしょう。利息制限法が設けられる前は年30%近い利子返済していましたが、適用後は高額でも年間18%位といくぶん低く決められているので、とってもお得になったようです。今のキャッシングの利子の範囲は4%位から18%位の幅が設定されていて、利用可能額により定められます。使用可能額は申請者の評価によって影響します。総量制限により収入の1/3までと定められていますので、一年の収入がいくらなのか?どういう職についているのか?キャッシングカードの利用履歴はどうなのか?もろもろ審査され与信金額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。カードを使ったローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各社でサービスは一様ではありません)と広い枠があります。そしてその間の中で決められた利用可能金額により利率も決まるのです。50万円なら年18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった具合になるはずです。いわば、評価が良ければ、貸付可能金額も良くなり、金利も下がるはずです。この利息に疑念を感じるのは僕だけでしょうか?余談となりますが、金融会社にとって、これらの事実は当たり前なのでしょうが、収入の高額な人がキャッシングローンができないと困るとは考えずらいですし、万が一キャッシングしたケースでも利息が多かろうが少なかろうがお金を返す事に追われる事はないはずです。むしろ一年の収入悪い人は直ぐに必要だからキャッシングする人がいて、利子が良くないとお金の支払いに困るようになるはずです。なので使用可能範囲の少ない人にこそ低金利で使えるようにすべきです。この主張は使うサイド側としての意見となります。これらを考慮すると、金利を安くする為にはどのようにすれば良いのかおぼろげながら気付いたでしょう。事実、このようにして申請する人が大勢いるので紹介しますと、クレジットカードの手続きに申込みをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みを行うのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円でキャッシング審査で全額通ればそれだけ利子が低いキャッシングできるカードを持つことができるのです。と言って上限ギリギリまで使用しなければならないわけでもないのです。5万円でも40万円でも必要な金額だけ利用可能です。また最高利用範囲が300万円で最低利率年間7%位のローン企業も有りますので、その企業に手続きを申し込めばその企業の最低金利で返済できるようになるはずです。どうでしょうか?見方を変えるだけで低利息のキャッシングできるカードを持参することが出来るのです。自分自身の年収とローン業者の金利を照らし合わせて、考える事に時間を割けば、より有利な状況で借りれるはずなので、しっかり確認するようにしましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 コラーゲン鍋が流行っていますね! All Rights Reserved.