コラーゲン鍋が流行っていますね!

借り入れについての返済内容というものは金融機関各個で随分差異がありまして、多様なやり方が採用されております。基本的なところでは残高スライド法やリボルディング方法などが多いみたいです。またこのような誰でも知ってるリボルディング払いですが、実を言うと勘定形式にはおおくの種類があるのです。それゆえしかような手法により返済トータルが違ってきてしまうわけですので、知っておいて負担はないと思います。それではわかりやすくそれぞれの形式のギャップについてを説明しましょう。はじめは元金均等払いもう一つは元利均等払いです。両者はその名のとおり元金についてを均等に支払っていくというのと元本と利息に関してあわせて均等に払っていく方式になります。この場ではもしも10万円借りたと仮定し、実際上いかなる勘定をするのか試してみましょう。金利はいずれも15%とし計算します。更にリボルディングに関しての引き落としは1万円と設定して算定します。ともかく元金均等払いです。こんな事例の初回の支払いについては1万円に利率分1250円を計上した返済額となります。次の引き落しに関しては1万円に対して利息の1125円を加えた支払いになります。こういったようにして10回にて支払いを済ませるといった様式となります。他方で元利均等払いというのは1度目の支払は1万円ですが元本へ8750円利息へ1250円と言うように分配します。次回の支払いに関しては元金が8750円減った状態にて利率を算出し、その1万円から更にまた分配します。すなわち元利均等払いの場合では10回で支払いが終わらない算出になったりします。たったこれだけの差異で双方がどれぐらい相違してるのかたっぷりと分かって頂けたことでしょう。元利均等は元金均等と比べ、明白にもと金が減っていくのが遅いというウイークポイントというのがあったりします。則ち利子を余分に払うということになったりするのです。一方で1回目の引き落しが些少な額ですむと言うプラスも存在したりするのです。かかる引き落し方式に関するへだたりによって引き落しトータルというものが違ってくるので自分の返済計画に応じた使用法をするようにしてみてください。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 コラーゲン鍋が流行っていますね! All Rights Reserved.